熱について

子供が熱を出しました。
めったに熱出さない子なので、母色々調べました。
昔は熱が出たら、すぐ解熱剤だったけど、最近は違うんですね。
熱はウィルスをやっつけるために、体が反応して出てるから
むやみやたらに、下げちゃダメなんですね。抗生物質もしかり。
病院によっては熱も出てないのにすぐ抗生物質だしてくれるもん。
そりゃスッキリ早く治るけど、自然治癒力弱りますよね。
そういえば昔なんか少々の風邪じゃ薬なんて飲まなかったな。

★熱について
熱は病原菌をやっつけるために必要な体の反応です。
高熱が出るとと不安だとは思いますが、意味があって熱が出ています。
ぐったりしている、意識が朦朧としていると危険ですが、元気なら、熱自体に問題はありません。
子どもの発熱は、ほとんどがウイルスや細菌など病原体の感染に伴って起こります。
熱を出すことによって、ウィルスが増殖するのを抑え、免疫力を高めるといわれています。
発熱が続いているということは、まだ体内のウィルスが活発に働いていて、ウィルスと戦っている最中です。
だから、むやみに熱を下げることは体にとって、返って良くない場合もあります。

★熱が出てる時に気をつけること
薄着と水分補給
熱が上がりきる前で、寒気がある場合は、暖かくすることも必要です。
しかし、すでに熱が上がっている時に厚着をするしたり、温めすぎると、
皮膚表面から熱が逃げていくのを邪魔してしまい、返って熱が上がる場合があります。、
また、熱が高いと、普段よりも多くの水分を必要とします。
こまめに水分を与えるようにして下さい。スポーツドリンクなどのイオン飲料がおすすめです。
おしっこがきちんと出ているかを確認して、水分の量が足りているかどうかを確かめて下さい。

★解熱剤はなるべく使わない
解熱剤はただ単に熱を下げるためものです。
ウィルスをやつけるのには、なんの役にも立ちません。
元気がないときなど、熱があることで、明らかに体力を消耗してしまってる場合は別として
なるべく解熱剤は使わないほうがいいようです。
元気で体力があるようなら、お風呂に少し浸かったり、ぬるま湯につけたタオルで体を拭いて、
皮膚血管を促し、水分蒸発による気化熱で体温を放散させるという方法もあります。
おでこなどに貼るジェルの冷却剤は、熱を下げるには有効的ではないですが、気持いいと感じるようなら貼るのもいいかと思います。
しかし、熱を下げる目的であれば、大きな血管(首、脇、太ももの付け根)の部位を冷やすほうが
有効的です。

※熱、病状については個人差があり、一概に上の方法が正しいとは限りません
薬についても、個人的意見で色んな見解があると思いますので、あくまでも参考程度にしてください。

カテゴリー: 子育て パーマリンク